SorbiCap®

キャニスター型吸着剤

SorbiCap® Sorbnet Canisters
(ソービキャップ)

SorbiCap® Sorbnet Canistersは、安全で毒性のない吸着剤のキャニスター(缶)です。医薬品や栄養補助食品のパッケージに入れると、湿気やニオイを吸収します。
特許権を与えられたSorbiCap®は、市場に出ている従来の吸着剤キャニスターに見られた問題点を排除するよう特別にデザインされています。

SorbiCapイメージ画像

用途

  • 医薬品
  • 栄養補助食品(ビタミン剤 など)
  • 医療用診断キット など

優れた特徴

  • FDA/DMFに登録済み。
  • 実質的に粉が出ず、製品を汚さない。
  • 両端が溶接されていて構造的に強い。
  • FDAグレードの高密度ポリエチレンで出来ているので、追加の安定度テストをする必要がない。
  • 動いたりひっかかったり取れたりするラベルがない。
  • 減菌のための照射に耐える。
  • 重量範囲は0.5g、1.0g。
  • 使用できる原料はモレキュラーシーブ、シリカゲル、指示シリカゲル、活性炭、及びこれらの混合物。

革新的なデザインで、従来のキャニスターに共通する問題点を取り除きました。

Multisorb Technologiesは、製薬メーカー、診断キットやビタミン剤のメーカーとともに広範囲な研究を行って、新しいSorbiCap®を作りました。従来のキャニスターと比べてSorbiCap®は、皆様のご要望に添う、費用対効果のある優れた製品です。

SorbiCap比較画像

従来のキャニスター

  1. 塩入れ容器のような穴から粉が出てしまう。
  2. スナップ形式のふたは、圧力で簡単にはじけて、包装の内容物や製造現場を汚す。
  3. 粘着性のラベルが、包装中に動いたりはがれたり落ちたりして、投入装置が詰まって動かなくなることもある。

SorbiCap®

  1. 多孔性のプラスチックの両底は穴が曲がりくねっていて、実質的に粉が出ない。
  2. 高い圧力下でも溶接された両端は密封されたままである。
  3. 製品の説明は、FDAのガイドラインに適合するインクで底にしっかりと印刷されている。

吸着剤キャニスターの比較

Sorbicap®は、大きさや重さは他のキャニスターと同じですが、独特の特徴があって優れた性能を発揮することが出来ます。


使いやすいデザイン

Sorbicap®は、皆様のパッケージライン上で簡単に他のキャニスターと置き換えて使えるようにデザインされています。お使いの分配装置にちょうど合うサイズなので、皆様の製造工程に高額で複雑な変更を加える必要はありません。
Sorbicap®は、FDAグレードの高密度ポリエチレンでできているので、追加の安定度をテストをする必要はありません。そして効果的な吸収速度で、皆様の製品を保護します。加えて、Sorbicap®は、最終の製品減菌のために許されている照射に耐えることができます。