Natrasorb® 900

2つの機能を持った乾燥剤

Natrasorb® 900
(ナトラソーブ)

吸湿剤と構造部品

電子、冷蔵、光学、宇宙システム等の分野で・・・
金属製またはプラスチック製の部品、安定器、絶縁器、衝撃防御パッドと置き換えられます。

Natrasorb900画像

乾燥剤のための余地がない時使用する乾燥剤

Natrasorb® 900は、高い吸湿力を持ち、しかも強度があり、ナイロンやアルミニウムのように加工できる驚くほど用途の広い合成品です。空間余地が極端に少ない場合や、デザインの重要な基準の一つとして完成品の重量を制限する必要がある場合に、デザイン技師は、乾燥剤としてこれを使うことができます。
そのようなケースでは、一つあるいはそれ以上の構造部品がNatrasorb® 900で造られ、製品や部品、組立て品の重量や大きさを増やすことなく、必要な吸湿力が得られます。


袋入りの乾燥剤より優れています

これまで最も一般的な吸湿手段は、組立工程のどこかで袋に入れた顆粒状の乾燥剤を封入するというものでした。この方法は、ある場合にはまだ十分適用できますが、限られたスペースから最適の方法をとらねばならない場合、あるいは乾燥剤の袋が移動したり毛羽立ったりして汚染の可能性がある場合には、Natrasorb® 900が断然有利です。


成形済みのものと機械加工できる半加工製品があります

メーカーや顧客は、機械加工できる半製品(直径5㎝×2.5㎝の平円盤)の形か、または製品の量が保証されるなら注文書通りに型どられた完成部品の形で、Natrasorb® 900を入手することができます。
どちらの形でも、電気製品、光学機器、宇宙装置、冷蔵システム、二重ガラス窓、その他多くの種々多様な製品分野において、Natrasorb® 900は、構造部品、安定器のおもり、電気や熱の絶縁体、または衝撃防御パッドとして使用するのに理想的です。


吸収速度が抑制されています

Natrasorb® 900は、有機結合剤を加えた活性結晶シリカ-アルミン酸塩で、完成した乾燥剤は熱硬化性樹脂と同じ性質があります。平均的な状況下で、乾燥自己重量のおよそ18%の吸湿力があります。(下記表参照)。しかし高密度のため、吸収速度は遅くなります。これは、組立て作業中に乾燥剤の部品が吸収する湿気の量が抑えられるので、製品組立て作業にとって明白な利点です。露出時間2時間までは、全く問題がありません。
Natrasorb® 900は、活性化された(乾燥した)状態で供給され、露点が-100°F(-73℃)になるまで大気中の湿気を除去することができます。成形品または半加工品のサイズや厚さ構造によって、およそ10時間から100時間の間に、乾燥剤の水分吸収量は平衡状態になります。Natrasorb® 900は、0.1㎜Hg以下の真空で12時間から24時間、347°F(175℃)で加熱することによって、再度活性化させることができます。

密度1.5g/cc
圧縮強度3,500 psi
ひずみ変形量6%
たわみ強度2,500 psi
吸湿量乾燥重量の15%(25℃、蒸気分圧 10㎜Hg)
大気乾燥能力露点-73℃
半加工製品の寸法直径 5.08㎝×厚さ 2.54㎝の平円盤
半加工製品の重量60g 活性状態(乾燥時)で
Natrasorb900グラフ
Natrasorb900グラフ

前の記事

DesiMax™ SLF

次の記事

FreshMax®